おさんぽ花図鑑

アブラナ科 Brassicaceae

アブラナ科には大根やキャベツ、白菜などが属している。

アブラナ属 Brassica

  • アブラナ

    アブラナ

    学名: Brassica rapa L.
    分類: アブラナ科 アブラナ属
    原産: 北ヨーロッパから西アジア
    花期: 春

    花茎を伸ばして次々に花が咲く。草丈は1mを越える。萼片は黄色で花弁の下に開く。

    花が咲く前に茎から摘んで野菜として流通している。

  • コマツナ

    コマツナ

    学名: Brassica rapa var. perviridis
    分類: アブラナ科 アブラナ属
    原産: 江戸川周辺
    花期: 春

    花茎を伸ばして、その先に黄色い4弁の花が咲く。草丈は1mを越える。

  • セイヨウアブラナ

    セイヨウアブラナ

    学名: Brassica napa L.
    分類: アブラナ科 アブラナ属
    原産: 北ヨーロッパから西アジア
    花期: 早春から春

    花茎を伸ばして次々に花が咲く。萼片は黄緑色で斜上して花弁の上に出る。

    種は植物油の原料となる。

  • セイヨウカラシナ

    セイヨウカラシナ

    学名: Brassica juncea (L.) Czern. et Coss.
    分類: アブラナ科 アブラナ属
    原産: ヨーロッパ
    花期: 春

    花茎を伸ばし、枝分かれして総状花序の花が咲く。根出葉には深い切れ込みがあり、茎中葉には浅い鋸歯。 葉柄の基部から枝分かれする。

    ヨーロッパ原産種が帰化して河原などに自生している。

  • ハクサイ

    ハクサイ

    学名: Brassica rapa var. pekinensis
    分類: アブラナ科 アブラナ属
    原産: 中国
    花期: 春

    花茎を伸ばして、その先に黄色い4弁の花が咲く。草丈は1mを越える。

  • ハボタン

    ハボタン

    学名: Brassica oleracea var. acephala
    分類: アブラナ科 アブラナ属
    原産: 地中海沿岸
    花期: 冬から春

    赤紫色に色づく葉を楽しむ。キャベツやケールの仲間。

    花など

アラセイトウ属 Matthiola

  • ストック

    ストック

    学名: Matthiola incana (L.) W.T.Aiton
    分類: アブラナ科 アラセイトウ属
    原産: 地中海沿岸
    花期: 早春から春

    花茎を伸ばして周囲に花をたくさん付ける。八重咲きを見かけることが多いが播種をすると50%の確率で一重と八重になる。

    色違いなど

イオノプシディウム属 Ionopsidium

  • イオノプシディウム

    イオノプシディウム

    学名: Ionopsidium acaule (Desf.) Rchb.
    Syn. Cochlearia acaulis Desf.
    分類: アブラナ科 イオノプシディウム属
    原産: ポルトガル
    花期: 春

    白または薄紫色の10mmほどの花が地面に広がって咲く。花弁は4枚で十字に開く。花壇のグランドカバーとして利用される。

    グランドカバー

イベリス属 Ibelis

  • イベリス

    イベリス

    学名: Iberis sempervirens L.
    分類: アブラナ科 イベリス属
    原産: 南ヨーロッパ
    花期: 春から初夏

    10cmほどの花茎を伸ばして先に花が咲く。花色は白い。

イヌガラシ属 Rorippa

  • イヌガラシ

    イヌガラシ

    学名: Rorippa indica (L.) Hiern.
    分類: アブラナ科 イヌガラシ属
    原産: 日本
    花期: 春から初夏

    小さな十字状の黄色い花が咲く。茎を伸ばし、よく枝分かれして、総状花序の花が咲く。 草丈は30~50cm。 葉は長く、縁が波打っている。

    水田や畔など湿ったところを好むが、道の端などにも自生している。

  • スカシタゴボウ

    スカシタゴボウ

    学名: Rorippa palustris (L.) Besser
    分類: アブラナ科 イヌガラシ属
    原産: ヨーロッパ 一部のアフリカ アジア 北アメリカ
    花期: 夏

    小さな十字状の黄色い花が咲く。茎を伸ばし、よく枝分かれして、花茎の下から順に花が咲く(総状花序)。 葉には深い切れ込みがある。 草丈は30~50cm。 花後に短めの実ができる。

    水田や畔など湿ったところを好むが、道の端などにも自生している。

    花の拡大など

エリシマム属 Erysimum

  • エリシマム・アリオニー

    エリシマム・アリオニー

    学名: Erysimum x marshallii
    Syn. Erysimum x allionii
    分類: アブラナ科 エリシマム属
    原産: 地中海の東側
    花期: 春

    十字状の黄色い花が咲く。花は茎頂に輪を描くようにたくさん咲く(散形花序)。 葉は幅の狭い楕円形で8~10cmほど。 草丈は10~20cmほど。

    シベリアンウォールフラワーとも呼ばれる。

オーブリエタ属 Aubrieta

  • オーブリエチア

    オーブリエチア

    学名: Aubrieta deltoidea(L.) DC.
    分類: アブラナ科 オーブリエタ属
    原産: 南ヨーロッパ
    花期: 春から初夏

    4弁の花弁。2cmほどの花が咲く。草丈は10~15cmで地面を這うように伸びる。 Aubrieta deltoideaを元にした園芸種が流通している。

    多年草ですが、高温多湿に弱く。寒冷地以外では越年が難しい。寒冷地ではグランドカバーとして植生されることもある。

    グランドカバー

キバナスズシロ属 Eruca

  • ルッコラ

    ルッコラ

    学名: Eruca sativa Mill.
    Syn. Eruca vesicaria subsp. sativa
    分類: アブラナ科 キバナスズシロ属
    原産: 地中海周辺
    花期: 春

    淡黄色の細い4弁の花が咲く。十字に花弁が開く。花茎を50~100cm伸ばし、枝分かれしてその先に数個の花が咲く。

    花茎につく葉は小さく縁が鋸歯。 根元に近い葉には切れ込みがある。

    葉など

ゴウダソウ属 Lunaria

  • ルナリア

    ルナリア
    ルナリアの実

    学名: Lunaria annua L.
    分類: アブラナ科 ゴウダソウ属
    原産: バルカン半島 中東
    花期: 初夏

    茎頂または、茎と葉のつけ根(葉腋)から花茎を伸ばして、枝分かれして先に数個の花が咲く(円錐花序)。花弁は4弁で、ハナダイコンに似ている。 花色は白色と紫色。 葉はハート形で、縁が鋸歯、葉が大きくなると縁が波打つようになる。 草丈は40~80cmほど。

    しばらくすると実ができ、薄い楕円形で、中に豆が入っている。おもしろい形なので熟して茶色になった実を茎に付けたままでドライフラワーとして利用される。

    ゴウダソウ(合田草)や、ギンレンソウとも呼ばれる。

    実など

ダイコン属 Raphanus

  • ダイコン

    ダイコン

    学名: Raphanus sativus var. longipinnatus
    分類: アブラナ科 ダイコン属
    原産: 地中海 中東地域
    花期: 春

    4弁の花弁。3cmほどの花が咲く。

  • ハマダイコン

    ハマダイコン

    学名: Raphanus sativus L. var. hortensis Backer f. raphanistroides Makino
    Syn. Raphanus sativus L. var. raphanistroides (Makino) Makino
    Syn. Raphanus acanthiformis Morel ex Sisley f. raphanistroides (Makino) H.Hara
    分類: アブラナ科 ダイコン属
    原産: 地中海 中東地域
    花期: 春

    4弁の花弁。枝分かれしてその先に下から順に花が咲く(総状花序)。 茎葉は卵形で縁が鋸歯。 根出葉は羽状に全裂して側羽片は2~7対。 草丈は30~40cmほど。

    花後に細長い莢ができて、中に2~7個の種が入る。

    砂地や河口、川の土手などに咲く。

    色違いなど

タネツケバナ属 Cardamine

  • コンロンソウ

    コンロンソウ

    学名: Cardamine leucantha (Tausch) O.E.Schulz
    分類: アブラナ科 タネツケバナ属
    原産: 中国北部 朝鮮半島 日本 シベリア東部
    花期: 初夏

    茎先に下から順に花が咲く(総状花序)。花弁は4枚で白色。 葉は奇数羽状複葉で、小葉は5~7枚で、長被針形で先が尖り縁は鋸歯。 葉柄が長い。 草丈は30~50cmほど。

    自然には山地に自生しているが、庭に植生されていることもある。

  • ミチタネツケバナ

    ミチタネツケバナ

    学名: Cardamine hirsuta L.
    分類: アブラナ科 タネツケバナ属
    原産:
    花期: 早春

    草丈10~30cm。茎を伸ばし枝先に白い小さな花が咲く。花の先には茶色くて細長い種の元がつく。葉は1cmほどの丸葉。

ナズナ属 Capsella

  • ナズナ

    ナズナ

    学名: Capsella bursa-pastoris (L.) Medik.
    分類: アブラナ科 ナズナ属
    原産:
    花期: 早春

    草丈30~50cm。茎を伸ばしながら順に白い小さな花が咲く。花の後、三角形の種ができる。

    別名 ペンペングサ

ニワナズナ属 Lobularia

  • アリッサム

    アリッサム

    学名: Lobularia maritima (L.) Desv.
    Syn. Alyssum maritimum
    分類: アブラナ科 ニワナズナ属
    原産: 地中海沿岸
    花期: 秋から春

    5mmほどの小さな花が丸く集まって咲く。這うように広がる。

    色違いなど

ハナダイコン属 Hesperis

  • ハナダイコン

    ハナダイコン

    学名: Hesperis matronalis
    分類: アブラナ科 ハナダイコン属
    原産: ユーラシア大陸
    花期: 春

    薄紫色の4枚の花弁の花が咲く。葉の根元から花茎を伸ばして数個の花が咲く。

    ヨーロッパではよく見かける園芸植物。

マメグンバイナズナ属 Lepidium

  • マメグンバイナズナ

    マメグンバイナズナ

    学名: Lepidium virginicum L.
    分類: アブラナ科 マメグンバイナズナ属
    原産: 北アメリカ
    花期: 初夏

    枝分かれして、花茎に白い小さな花が多数咲く。 花後に薄くて丸い実ができる。 春先はロゼット状の根出葉があるが、花が咲く頃には根出葉は無くなり、茎葉だけとなる。 茎葉は幅の狭い卵形で、縁に大きな鋸歯がある。 草丈は30~50cmほど。

    茎葉など

ヤマガラシ属 Barbarea

  • ハルザキヤマガラシ

    ハルザキヤマガラシ

    学名: Barbarea vulgaris R.Br.
    分類: アブラナ科 ヤマガラシ属
    原産: ヨーロッパ
    花期: 春

    茎先や茎と葉の付け根(葉腋)から花茎を伸ばして多数の小さな花が咲く(総状花序)。花色は黄色で、花弁は4枚。 茎葉は縁が鋸歯で、深い切れ込みを持つものもある。葉の表面はつやがある。 根出葉は羽状に深い切れ込みがある。 草丈は30~90cmほど。

    本種は外来生物法の生態系被害防止外来種(旧称:要注意外来生物)に指定されている。
    生態系被害防止外来種リスト (環境省)

    根出葉など

ワサビ属 Wasabia

  • ワサビ

    ワサビ

    学名: Wasabia japonica Matsum.
    Syn. Eutrema japonica (Miq.) Koidz.
    分類: アブラナ科 ワサビ属
    原産: 日本
    花期: 春

    茎先に白い4弁花が多数咲く(総状花序)。 花の基部には苞がある。 葉はハート形で、根出葉には長い葉柄がある。 草丈は30cmほど。

    主に太く育った根を食用にする。茎や葉、花も食べることができる。

植物の分類について

植物の分類についてはDNAなどに基づいた最新の分類:APG IV (Angiosperm Phylogeny Group IV)を使用しています。 また、学名や分類について議論が続いているものについてはBGPlants(研究用植物データベース作成グループ作成: Data-base on the plants kept in the Botanical Garden)の成果であるYListを参考にしています。