おさんぽ花図鑑

ひょうたん

ひょうたん

青森

ひょうたん(瓢箪)。つるを伸ばして白い花が咲く。花びらは5枚で全体が少しちぢれている。 花は夕方に咲いて朝まで咲く。 オスとメスの花がある。 葉は丸い。

プランターや畑などに植えられている。

夏に咲く。

ひょうたんの実

真ん中がくびれた実ができる。

昔は中身をくりぬいて乾燥させて飲み物をいれる容器として使われていた。いまでいう水筒やペットボトルの役割。

ひょうたんは大昔から栽培されていているが、実は苦味や吐き気がする成分が含まれているので食べられない。 その中でも苦味が少ないものを選んで育てたものがゆうがお(夕顔)。 ゆうがおは丸い実ができて、それをリンゴの皮をむくように細く薄く削って干したものが、かんぴょう(干瓢)になる。 かんぴょうは巻すしに入れたり、お正月のおせちにある昆布を巻くのに使われている。

生まれ:
アフリカ
分類:
ウリ科 ユウガオ属