おさんぽ花図鑑

イヌサフラン

イヌサフラン

イヌサフラン。大きなチューリップのような感じの花が咲く。 花色は紫色が多い。 花びらは薄くてひらひらしてる。 花が咲いている時は葉がなくて、細い茎がひょろっと伸びてる。 背はひざ下ほど。

コルチカムとも呼ばれ、八重咲きなどの園芸種もある。

庭に植えられていた。

秋に咲く。

名前に“サフラン”が付いているけど、サフランとはまったく違う。があるので口にしてはいけない。

イヌサフランの葉

イヌサフランは花が終わった冬から春にかけて葉を伸ばす。しかし、雪の多い地域では雪がとけて無くなる春から夏にかけて葉が伸びる。

雪の多い地域では、ちょうど同じ時期に葉を出す山菜として食べられるギョウジャニンニクの葉と似ていて、誤って食べてによって亡くなる事故が起きる。

生まれ:
ヨーロッパ
分類:
イヌサフラン科 イヌサフラン属