おさんぽ花図鑑

むしとりなでしこ

むしとりなでしこ

むしとりなでしこ(虫取撫子)。茎が伸びてその先にたくさん花が咲く。茎の途中に茶色になっているところがある。触るとべたべたする。小さな葉っぱならくっつく。 背は大人のひざほど。色はピンクが多いが、白色もある。

道のはしや空き地で生えている。

夏に咲く。

虫取(むしとり)の名前があるが虫を取って食べる食虫植物ではない。 アリなどが花の蜜を取りに来れないようにしているらしい。

こまちそう(小町草)とも呼ばれる。

生まれ:
ヨーロッパ
分類:
ナデシコ科 マンテマ属