おさんぽ花図鑑

ナデシコ科 Caryophyllaceae

ナデシコ科は2,000種を含む。

アルシナ連 Alsineae

ハコベ属 Stellaria

  • コハコベ

    コハコベ

    学名: Stellaria media (L.) Vill.
    分類: ナデシコ科 ハコベ属
    原産: ヨーロッパ
    花期: 春から夏

    指先ほどの小さな白い花。茎は茶色。花弁は5枚。1枚の花弁が二股に分かれているので10枚に見える。

    春の七草。ハコベラ。

ミミナグサ属 Cerastium

  • オランダミミナグサ

    オランダミミナグサ

    学名: Cerastium glomeratum Thuill.
    分類: ナデシコ科 ミミナグサ属
    原産: ヨーロッパ
    花期: 春

    草丈は10~50cmほど。三角形にみえる葉の中央に深い筋がある。5弁の花は1cmほどで花茎の先に数個咲く。花弁の先に切れ込みがある。

  • シロミミナグサ

    セラスチウム

    学名: Cerastium tomentosum L.
    分類: ナデシコ科 ミミナグサ属
    原産: ヨーロッパ アルプス地方
    花期: 初夏

    草丈は15~20cmほど。花茎を伸ばして先に数個の花が咲く。花弁は5枚で、切れ目が入っておりややハート形にみえる。 花は15mmほど。 葉は被針形で、表面に産毛が生えているため銀葉にみえる。葉身の中央に折り目がある。

    花茎が伸びる前は、地面を覆うように広がっている。

    多年草ですが、夏の暑さに弱く、寒冷地以外では枯れてしまうことが多い。 そのため寒冷地では毎年咲くのでグランドカバーとして利用されている。

    和名は夏雪草とも呼ばれるが、別種にも同じ名前のものがあり注意が必要。

    セラスチウムとも呼ばれるが、属名の英語読みで、同属には100種が属している。

    グランドカバー

オオツメクサ連 Sperguleae

オオツメクサ属 Spergura

  • オオツメクサ

    オオツメクサ

    学名: Spergula arvensis L.
    分類: ナデシコ科 オオツメクサ属
    原産: ヨーロッパ
    花期: 夏

    茎先から花茎を伸ばして数個の花が咲く。花弁は5枚で、萼片も5枚ある。 葉は細く湾曲して上向きにつく。細い葉は輪生しているようにみえるが偽輪生。 草丈は20~50cmほど。

    畑などに自生している。

サギナ連 Sagineae

ツメクサ属 Sagina

  • サギナ

    サギナ

    学名: Sagina subulata (Swartz) C.Presl
    分類: ナデシコ科 サギナ属
    原産: ヨーロッパ
    花期: 夏

    細い茎が土の上を這うように広がって、小さな5~8mmほどの花が咲く。 花弁は5枚。 葉は細くて短い線形。 見た目が苔にみえる。

    アイリッシュモスとも呼ばれる。モスは英語の苔を意味する。

    高温多湿に弱く、耐寒性があるので、寒冷地であればグランドカバーにも利用される。

    グランドカバー

  • ツメクサ

    ツメクサ

    学名: Sagina japonica (Sw.) Ohwi
    分類: ナデシコ科 ツメクサ属
    原産: 東アジア
    花期: 初夏

    小さな4~5mmの5弁の白い花。葉は肉厚で細く先が尖っている。草丈は5~15cmほど。

    道端などに自生している。

ナデシコ連 Caryophylleae

カスミソウ属 Gypsophila

  • オノエマンテマ

    オノエマンテマ

    学名: Gypsophila cerastioides D.Don
    分類: ナデシコ科 カスミソウ属
    原産: ネパール インド北部シッキム州 中国四川省
    花期: 春から初夏

    10~15mmほどの白い花が咲く。花弁には縦に数本の紫色の筋がある。草丈は10~20cmほどでほふくするように広がる。 葉は卵形で中央に強い筋がある。カーペットカスミソウとも呼ばれる。

    標高2800~4000mの高地に生育しているため、高温多湿に弱い。逆に低温には強く、冬に低温に当てないと花芽ができない。

  • カスミソウ

    カスミソウ

    学名: Gypsophila paniculata L.
    分類: ナデシコ科 カスミソウ属
    原産: 東ヨーロッパ
    花期: 夏

    指先ほどの小さな白い花。樹高は1~1.5mほど。枝分かれし枝先に咲く。宿根カスミソウとも呼ばれる。

    色違いなど

  • カスミソウ

    カスミソウ

    学名: Gypsophila elegans Bieb.
    分類: ナデシコ科 カスミソウ属
    原産: ヨーロッパ アジア
    花期: 夏

    指先ほどの小さな5弁の花が咲く。花弁にはストライプがある。葉も茎も細く倒れるように伸びる。

サボンソウ属 Saponaria

  • サボンソウ

    サボンソウ

    学名: Saponaria officinalis L.
    分類: ナデシコ科 サボンソウ属
    原産: ヨーロッパ 西シベリア
    花期: 夏

    花は茎頂に集まって咲く(集散花序)。花弁は5枚。花色は白色、ピンクなど。 葉は被針形で表面にツヤがあり、向き合ってつく(対生)。 草丈は50~80cmほど。

    根茎には薬用成分サポニンを含んでおり、細かく刻み水ともむと泡立つ。 このため石鹸代わりに利用されており英語ではソープワートと呼ばれる。 このため日本ではシャボン草とも呼ばれる。

  • ヤエザキサボンソウ

    ヤエザキサボンソウ

    学名: Saponaria officinalis var. plena
    分類: ナデシコ科 サボンソウ属
    原産: ヨーロッパ 西シベリア
    花期: 夏

    サボンソウの八重咲き種。

ナデシコ属 Dianthus

  • アメリカナデシコ

    アメリカナデシコ

    学名: Dianthus barbatus L.
    分類: ナデシコ科 ナデシコ属
    原産: ヨーロッパ南部 アジアの一部
    花期: 初夏

    蕾を包む苞がひげ状に変化しており、花の周りに緑色のひげが伸びている。 茎頂に数個の花が咲き、花で茎頂が覆われるとひげは隠れるようになり、みえにくくなる。 草丈は30~60cm

    ヒゲナデシコやビジョナデシコとも呼ばれる。

  • カーネーション

    カーネーション

    学名: Dianthus caryophyllus L.
    分類: ナデシコ科 ナデシコ属
    原産: 地中海沿岸
    花期: 春と秋

    花弁に浅い切れ込みがあり何枚も重なって咲く。

    色違いなど

  • カワラナデシコ

    カワラナデシコ

    学名: Dianthus superbus L. var. longicalycinus (Maxim.) F.N.Williams
    分類: ナデシコ科 ナデシコ属
    原産: 東アジア
    花期: 夏

    花弁に深い切れ込みがある。

    ナデシコの名前で流通している。

    色違いなど

    秋の七草

  • ダイアンサス

    ダイアンサス

    学名: Dianthus
    分類: ナデシコ科 ナデシコ属
    原産: ヨーロッパ
    花期: 春から秋

    園芸種。花弁の縁が鋸状の切れ込みがある。

    ダイアンサスは属名ですが、カワラナデシコがナデシコの名前で流通しているため区別のために使われる。

  • ハマナデシコ

    ハマナデシコ

    学名: Dianthus japonicus Thunb.
    分類: ナデシコ科 ナデシコ属
    原産: 日本
    花期: 初夏

    草丈50cmほどで先に花をたくさん咲かせる。葉にはツヤがあり、下向きに湾曲している。

ノミノツヅリ連 Arenarieae

ノミノツヅリ属 Arenaria

  • アレナリア・モンタナ

    アレナリア・モンタナ

    学名: Arenaria montana Sieber ex Steud
    分類: ナデシコ科 アレナリア属
    原産: ピレネー山からポルトガル
    花期: 春から初夏

    5弁の白い花が咲く。草丈は10~20cmほど。花茎を複数伸ばして茎頂に花が咲く。 葉は短く細身。

    常緑多年草ですが、高温多湿に弱く。夏期に枯れてしまう。

  • ノミノツヅリ

    ノミノツヅリ

    学名: Arenaria serpyllifolia L.
    分類: ナデシコ科 ノミノツヅリ属
    原産: ユーラシア大陸
    花期: 春から初夏

    指先ほどの小さな白い花。道端で花茎を5~25cmほど伸ばし、よく枝分かれした先に5弁の5mmほどの花が咲く。

マンテマ連 Sileneae

センノウ属 Lychnis

  • アメリカセンノウ

    アメリカセンノウ

    学名: Lychnis chalcedonica L.
    分類: ナデシコ科 センノウ属
    原産: 中央ユーラシア (ロシア カザフスタン モンゴル)
    花期: 夏

    花は茎頂に集まって咲く(散形花序)。花弁は5枚で細く先が割れている。 葉は被針形で対生する。 草丈は20~40cmほど。

マンテマ属 Silene

シレネ属とも呼ばれる。

  • サクラマンテマ

    サクラマンテマ

    学名: Silene pendula L.
    分類: ナデシコ科 マンテマ属
    原産: 南ヨーロッパ
    花期: 夏

    茎先に数個の花が咲く。花はサクラソウに似ている。花の基部が膨らんでいる。 葉は対生する。 草丈は20~40cmほど。

    庭に植栽されていた。

    フクロナデシコやシレネとも呼ばれる。

    色違いなど

  • シレネ・ユニフローラ

    シレネ・ユニフローラ

    学名: Silene uniflora Roth
    Syn. Silene maritima With.
    Syn. Silene vulgaris ssp. maritima (With.) A. Love & D. Love
    分類: ナデシコ科 マンテマ属
    原産: ヨーロッパ北部や西部の海岸 北アフリカの海岸
    花期: 夏

    茎先に1つの花が咲く。花弁は5枚で、切れ込みがあり、花の基部が樽状に膨らんでいる。 花色は白色やピンクなど。 葉は短くて細く、向き合って付く。 写真は斑入りでやや葉身の幅が広い。 上に伸びる種と、横に広がる種がある。

    色違いや八重咲きなど

  • スイセンノウ

    スイセンノウ

    学名: Silene coronaria (L.) Clairv.
    Syn. Lychnis coronaria
    分類: ナデシコ科 マンテマ属
    原産: 南ヨーロッパ
    花期: 夏

    茎も葉も白い産毛で覆われている。枝分かれして草丈40~60cmになり、茎頂に花が咲く。花色は赤色や白色など。

    学名の英語読みでリクニス・コロナリアとも呼ばれる。

    常緑多年草ですが、日本では冬季に枯れることが多く一年草扱い。

    色違いなど

  • ムシトリナデシコ

    ムシトリナデシコ

    学名: Silene armeria L.
    分類: ナデシコ科 マンテマ属
    原産: ヨーロッパ
    花期: 春から秋

    草丈30cmほど。茎の途中に茶色いところがあって触るとネバネバしている。茎の先に花が咲く。

    コマチソウ(小町草)とも呼ばれる。

  • リクニス・ビスカリア

    リクニス・ビスカリア

    学名: Silene viscaria (L.) Jess.
    Syn. Lychnis viscaria L.
    分類: ナデシコ科 マンテマ属
    原産: ヨーロッパ 西アジア
    花期: 春から初夏

    茎先に数個の花が咲く。花弁は5枚でやや反る。 花色はピンクや白色。 葉は短くてやや細く、向かい合ってつく(対生)。 草丈は40~60cmほど。

    色違いや八重咲きなど

  • リクニス・フロスククリ

    リクニス・フロスククリ

    学名: Silene flos-cuculi (L.) Greuter & Burdet
    Syn. Lychnis flos-cuculi
    分類: ナデシコ科 マンテマ属
    原産: ヨーロッパ
    花期: 春から初夏

    茎先に数個の花が咲く。花弁は5枚で深い切れ込みがあり1枚が4枚ほどにみえる。 花色はピンクや白色。 葉は短くてやや細く、向かい合ってつく(対生)。 草丈は40~60cmほど。

    色違いや八重咲きなど

ムギセンノウ属 Agrostemma

  • アグロステンマ

    アグロステンマ

    学名: Agrostemma githago L.
    分類: ナデシコ科 ムギセンノウ属
    原産: 地中海の東側
    花期: 初夏

    ピンクと白のグラデーションの花が咲く。花弁は5弁で、ストライプが数本はいる。 葉は4~6cmほどの長さで細い。 草丈は60~90cm。

植物の分類について

植物の分類についてはDNAなどに基づいた最新の分類:APG IV (Angiosperm Phylogeny Group IV)を使用しています。 また、学名や分類について議論が続いているものについてはBGPlants(研究用植物データベース作成グループ作成: Data-base on the plants kept in the Botanical Garden)の成果であるYListを参考にしています。