おさんぽ花図鑑

ぬるで

ぬるで

青森

ぬるで(白膠木)。枝先に小さな花がたくさん咲く木。 花びらは5枚で、反り返る。 雄しべが長い。 葉は卵形で向き合ってついてる。 背は大きくなると家の2階をこえる。

ふしのき、かちのきとも呼ばれる。

さわるとかゆくなったりぶつぶつができたりする。

家の庭に生えていたけど、本当は山に生えるから鳥が実を落としたのかも。

夏に咲く。

ぬるでのオス花 ぬるでの葉

花はとても小さい。オスの木と、メスの木があって、写真はオスの花。メスの花は真ん中が赤くてその周りが黄色い。

葉は向き合ってついていて、葉と葉の間にも幅のせまい葉みたいなのがついてる。

生まれ:
東アジア
分類:
ウルシ科 ヌルデ属