おさんぽ花図鑑

なるこゆり

なるこゆり

青森

なるこゆり(鳴子百合)。茎を伸ばして、茎と葉の付け根から細い茎を伸ばして数個の花が咲く。 花は白くて先だけが開く。 花びらの先は緑色。 葉は先がとがった卵形で、すじがある。 背はひざ上ほど。

庭などに植えられている。

夏の初めに咲く。

生まれ:
東アイジ 日本
分類:
キジカクシ科 アマドコロ属

あまどころと、なるこゆりはとても似ています。ぱっと見ただけでは違いはわかりにくいです。

咲く時がちがう

あまどころは4月~5月、なるこゆりは5月~6月に咲く。

茎が違う

あまどころは、茎をさわると小さなでっぱりがある。なるこゆりの茎は、さわるとまん丸。

花ちがう

あまどころ
あまどころ
なるこゆり
なるこゆり

なるこゆりには、花の付け根に小さなでっぱりがある。あまどころにはない。