おさんぽ花図鑑

しじみばな

しじみばな

しじみばな(蜆花)。小さな指先ほどの白い花が枝にそってたくさん咲く。花びらがたくさん(八重咲き)で、枝からサクランボのように長い茎を伸ばしてその先に花が咲く。 離れてぱ見るとゆきやなぎ(雪柳)と勘違いする。花のまんなかがへこんでいるので、えくぼばなとも呼ばれる。

庭に植えられていた。

春に咲く。

生まれ:
中国
分類:
バラ科 シモツケ属

しじみばなは、ぱっと見るとゆきやなぎによく似ている。

はなれて見る

しじみばな
しじみばな
ゆきやなぎ
ゆきやなぎ

どちらも細い枝がたくさん伸びる。ゆきやなぎは1~1.5mほど。しじみばなは1~2mほどで少し背が高い。

花が違う

しじみばな
しじみばな
ゆきやなぎ
ゆきやなぎ

しじみばなは、花びらがたくさん(八重咲き)。ゆきやなぎは花びらは4枚。

しじみばなには、花に長い茎がある。