おさんぽ花図鑑

クロウメモドキ科 Rhamnaceae

クロウメモドキ科は900種を含む。

クマヤナギ属 Berchemia

  • クマヤナギ

    クマヤナギ
    クマヤナギの実

    学名: Berchemia racemosa Siebold et Zucc.
    Syn. Berchemia floribunda auct. non (Wall.) Brongn.
    分類: クロウメモドキ科 クマヤナギ属
    原産: 台湾 日本
    花期: 夏

    枝先または枝と葉の付け根(葉腋)に多数の花が穂状に咲く(総状花序または複総状花序)。 花は3mmほどで、先が尖った萼片5つと、白い花弁が5つある。 葉は長楕円形で先も丸く、互い違いにつく(互生)。 つる性で木などに巻きつき覆ってしまう。 実は楕円形で最初赤くなり、1年後に黒く熟す。 そのため花と実が同時にみれる。

    つる性落葉低木。樹高は5mほど。

    花拡大など

ケンポナシ属 Hovenia

  • ケンポナシ

    ケンポナシ
    ケンポナシの実

    学名: Hovenia dulcis Thunb.
    分類: クロウメモドキ科 ケンポナシ属
    原産: 東アジア
    花期: 夏

    枝先に小さな花が集まって咲く(集散花序)。 花弁は5枚。花色は白色、やや黄色。 葉は広卵形で互い違いにつく(互生)。 小さな硬い実がなるが果肉が無いので食べられない。 しかし、実ができてから1か月ほどで実が付いている軸が太ってくる。 この軸が食べられる。甘い。

    落葉高木。樹高は10~30mほど。

    軸など

セアノサス属 Ceanothus

50~60種があり、園芸種として利用されている。

  • セアノサス

    セアノサス

    学名: Ceanothus thyrsiflorus
    分類: クロウメモドキ科 セアノサス属
    原産: カリフォルニア州北部
    花期: 春から初夏

    常緑低木。穂状の花をつける。大きさは3~4cm。葉は細く縁が下向きに反っている。カリフォルニアライラックと呼ばれる。

ナツメ属 Ziziphus

  • ナツメ

    ナツメ
    ナツメの実

    学名: Ziziphus jujuba Mill.
    Syn. Ziziphus zizyphus (L.) H.Karst.
    分類: クロウメモドキ科 ナツメ属
    原産: 西アジアから中国
    花期: 初夏

    初夏に黄緑色の小さな5~8mmほどの花が咲く。花は枝と葉柄の間(葉腋)から花柄が伸びて花が咲く。 葉は卵形で柔らかいのにツヤがあって、2本のハッキリした筋がつく。 秋に赤く実が熟す。 生食ではリンゴのように甘酸っぱくておいしい。 また乾燥させて利用される。

    落葉高木。樹高は6~12mほど。

植物の分類について

植物の分類についてはDNAなどに基づいた最新の分類:APG IV (Angiosperm Phylogeny Group IV)を使用しています。 また、学名や分類について議論が続いているものについてはBGPlants(研究用植物データベース作成グループ作成: Data-base on the plants kept in the Botanical Garden)の成果であるYListを参考にしています。