おさんぽ花図鑑

オオバコ科 Plantaginaceae

オオバコ科は1,700種を含む。

トレニア属 Treniaは、アゼナ科 linderniaceaeに異動した。

オオアブノメ連 Gratioleae

ゴマノハグサ科 Scrophulariaceaeから異動した。

オタカンサス属 Otacanthus

  • オタカンサス

    オタカンサス

    学名: Otacanthus azureus (Linden) Ronse
    Syn. Otacanthus caeruleus
    分類: オオバコ科 オタカンサス属
    原産: ブラジル
    花期: 夏から秋

    細い筒状の先が大きく2枚の花弁に分かれる。花弁は2.5cmほど。下側の花弁の中央が白い。 葉は卵形で向き合って付く(対生)。 草丈は40cmくらいですが、大きくなると1mを越える。

    ブルーキャッツアイやブラジリアンスナップドラゴンとも呼ばれる。

    多年草。

メカルドニア属 Mecardonia

  • メカルドニア

    メカルドニア

    学名: Mecardonia procumbens 'Gold Flake'
    分類: オオバコ科 メカルドニア属
    原産: アメリカ大陸
    花期: 夏から秋

    4弁の花が咲く。花茎をよく枝分かれさせ、茎先に花が咲く。花色は白色や黄色など。 花は小さなビオラに似ている。 葉は卵形で縁が鋸歯。 草丈は10~15cmほどで、こんもりと盛り上がるように広がる。

    プランターなどに植えられている。釣り鉢に植えると垂れ下がりながら伸びていく。

キンギョソウ連 Antirrhineae

ゴマノハグサ科 Scrophulariaceaeから異動した。

キリカズラ属 Maurandya

  • アサリナ

    アサリナ

    学名: Maurandya barclayana Auct.
    Syn. Asarina barclayana
    分類: オオバコ科 キリカズラ属
    原産: メキシコ
    花期: 夏から秋

    ラッパ状で、花弁が5裂し、唇状にみえる。一番下の花弁の根元には盛り上がった2本線がある。 葉はハート形で、表面にはツヤがある。 蔓性多年草で、朝顔のように行燈仕立てにすることが多い。

    和名は、ツタバキリカズラ。旧属名のアサリナで流通している。

    M. scandensは花色がピンクまたは淡い紫色。

    色違いなど

キンギョソウ属 Antirrhinum

  • キンギョソウ

    キンギョソウ

    学名: Antirrhinum majus L.
    分類: オオバコ科 キンギョソウ属
    原産: 地中海沿岸
    花期: 春から初夏、秋から春

    金魚の尾鰭のように湾曲した花弁が花茎に沿って咲く。

    色違いなど

ツタバウンラン属 Cymbalaria

  • ツタバウンラン

    ツタバウンラン

    学名: Cymbalaria muralis P.Gaertn., B.Mey. et Scherb.
    分類: オオバコ科 ツタバウンラン属
    原産: 地中海沿岸
    花期: 春から夏

    唇型の小さな花が咲く。花色は淡い紫色や白色。花弁には黄色い斑点がある。葉は5つほどの切れ込みがあって、五角形にも見える。 赤紫色の蔓を伸ばしてほふくするように伸びる。

    色違いなど

マツバウンラン属 Nuttallanthus

  • マツバウンラン

    マツバウンラン

    学名: Nuttallanthus canadensis (L.) D.A.Sutton
    Syn. Linaria canadensis (L.) Dum.Cours.
    分類: オオバコ科 マツバウンラン属
    原産: 北アメリカ
    花期: 春から初夏

    リナリアに似た淡紫色の花が総状花序で咲く。花は10mmほど。草丈は30~60cm。葉は花の下の方にあって、細長い。

    道端に生えている。

リナリア属 Linaria

  • リナリア

    リナリア

    学名: Linaria
    分類: オオバコ科 リナリア属
    原産: ヨーロッパ
    花期: 冬から春

    キンギョソウの花に似ている。花は小さい。葉は細い。

    園芸用に販売されているものは、L. bipartitaL. maroccanaやそれら雑種。

    色違いなど

  • リナリア

    リナリア

    学名: Linaria vulgaris Mill.
    分類: オオバコ科 リナリア属
    原産: ヨーロッパ
    花期: 夏

    キンギョソウの花に似ている。花弁の付け根に色の濃いところがある。 葉は線形で細い。 草丈は30~40cmほど。

    道の脇や、空き地などに自生して野生化している。

    和名はホソバウンラン。

  • リナリア・プルプレア

    リナリア・プルプレア

    学名: Linaria purpurea (L.) Mill.
    分類: オオバコ科 リナリア属
    原産: イタリア
    花期: 春から夏

    常緑多年草のリナリア。花はリナリアよりも小さく10mmほど。草丈は80~100cmほどで背が高い。 葉はリナリアと同じで幅が細く、4~5cmほど。

    宿根リナリアとも呼ばれる。

クワガタソウ連 Veroniceae

ゴマノハグサ科 Scrophulariaceaeから異動した。

クガイソウ属 Veronicastrum

  • エゾクガイソウ

    エゾクガイソウ

    学名: Veronicastrum sibiricum (L.) Pennell subsp. yezoense (H.Hara) T.Yamaz.
    分類: オオバコ科 クガイソウ属
    原産: 中国 朝鮮半島 日本
    花期: 夏

    細い円錐状の花穂に小さな薄紫色の花が咲く(円錐花序)。 花茎は茎頂と、茎と葉の付け根(葉腋)からも何本も伸びる。 花のすぐ下の葉は4~8枚が輪生し、それぞれは幅の狭い卵形。 草丈は80~120cmほど。

    クガイソウが花茎を一本だけ伸ばすのに対して、エゾクガイソウは何本も伸ばし、上に向かって伸びる。

  • クガイソウ

    クガイソウ

    学名: Veronicastrum japonicum (Nakai) T.Yamaz.
    分類: オオバコ科 クガイソウ属
    原産: 中国 朝鮮半島 日本
    花期: 夏

    細い円錐状の花穂に小さな薄紫色の花が咲く(円錐花序)。 花はやや枝垂れる。 花のすぐ下の葉は4~8枚が輪生し、それぞれは幅の狭い卵形。 草丈は80~120cmほど。

クワガタソウ属 Veronica

  • オオイヌノフグリ

    オオイヌノフグリ

    学名: Veronica persica Poir.
    分類: オオバコ科 クワガタソウ属
    原産: ヨーロッパ
    花期: 春

    青い8~10mmほどの小さな花が空き地や道路の端で咲いている。周囲に他の植物が共生すると日光を求めて花茎が立ち上がって上に伸びる。

  • カワヂシャ

    カワヂシャ

    学名: Veronica undulata Wall.
    分類: オオバコ科 クワガタソウ属
    原産: アジア
    花期: 初夏から秋

    白い4裂した小さな花弁の花が総状花序で咲く。葉は長く縁が鋸歯で、厚みは薄く柔らかい。

    用水路脇に自生していた。

    外来種のオオカワヂシャ V. anagallis-aquaticaの広がりにより、環境省のレッドブックで準絶滅危惧種に指定されている。

    日本のレッドデータ検索システム

  • タチイヌノフグリ

    タチイヌノフグリ

    学名: Veronica arvensis L.
    分類: オオバコ科 クワガタソウ属
    原産: アフリカ アジア ヨーロッパ
    花期: 春

    草丈が10~15cmほどで、三角形の細い葉が輪生している。その葉に隠れるように茎頂に近いところに2mmほどの小さな4弁の青い花が咲く。 茎の下の方には縁が丸い鋸歯になった丸葉が対生している。

    空き地や道路の端で咲いている。

    色違いなど

  • トウテイラン

    トウテイラン

    学名: Veronica ornata Monjuschko
    Syn. Pseudolysimachion ornatum (Monjuschko) Holub
    分類: オオバコ科 クワガタソウ属
    原産: 日本固有種
    花期: 夏

    釣鐘状の花先が4裂して咲く。雄しべが長い。 花茎を伸ばして穂状に下から順に花が咲く(総状花序)。 葉は長楕円形。 全体に白い産毛に覆われていてシルバーリーフ。 草丈は40~50cmほど。

    自然には中国地方から近畿地方の日本海沿いに生息している。

    近縁種に、草丈が若干低く、葉も短めのヒメトウテイランもある。

  • フラサバソウ

    フラサバソウ

    学名: Veronica hederifolia L.
    分類: オオバコ科 クワガタソウ属
    原産: ヨーロッパ
    花期: 春

    青い4~5mmほどの4弁の花。色は青く。花弁に青紫色の筋がある。葉には長い毛が生えている。

    道端に自生している。

  • ベロニカ・ペダンクラリス

    ベロニカ・ペダンクラリス

    学名: Veronica peduncularis M.Bieb.
    分類: オオバコ科 クワガタソウ属
    原産:
    花期: 春

    青い4弁の花が咲く。花は10~15mmほど。2本の雄しべがよく目立つ。 葉は対生し、縁が鋸歯。 葉の色が気温が低いと黒紫色で暖かくなると緑色に変わっていくので葉色も楽しめる。 這うように広がり、草丈は10~15cmほど。グランドカバーとして利用される。

    ベロニカ・オックスフォードブルーの名前で流通している。

    グランドカバー

  • ムシクサ

    ムシクサ

    学名: Veronica peregrina L.
    分類: オオバコ科 クワガタソウ属
    原産: アメリカ大陸
    花期: 初夏

    淡い青紫色の3~4mmほどの4弁の花。葉は細い。草丈は10~20cmほど。湿ったところを好み、田んぼや畑などで自生している。

  • ルリトラノオ

    ルリトラノオ

    学名: Veronica spicata L.
    分類: オオバコ科 クワガタソウ属
    原産: ヨーロッパ
    花期: 夏

    茎頂に花穂をつける。花は小さい。葉は被針形で向き合ってつく(対生)。

    本種は、写真のような矮性種や、草丈が高く花穂が大きい園芸種など多様。

    写真は矮性種で、草丈10~15cmほど。ヒメルリトラノオの名称で流通している。

    色違いなど

ヘーベ属 Hebe

  • ヘーベ

    ヘーベ

    学名: Hebe speciosa (A.Cunn) J.C.Andersen
    分類: オオバコ科 ヘーベ属
    原産: ニュージーランド
    花期: 夏から秋

    枝先に2つの花茎を伸ばして小さな花が多数咲く(総状花序)。 一つの花は10mm未満で漏斗状になっており先が4裂する。 雄しべが長い。 花色は白色、ピンク、紫色など。 葉は卵形でやや長いものもあり肉厚で向かい合ってつく(対生)。

    多数の園芸種がある。

    常緑低木。樹高は1~2mほど。

ジギタリス連 Digitalideae

ゴマノハグサ科 Scrophulariaceaeから異動した。

エリヌス属 Erinus

  • イワカラクサ

    イワカラクサ

    学名: Erinus alpinus L.
    分類: オオバコ科 エリヌス属
    原産: ヨーロッパ
    花期: 晩春から初夏

    10cmほどの花茎の先に小さな花が数個咲く。 花は1cmほどで5裂して、花弁の先が凹んでいてサクラに似ている。 花色はピンクや薄紫色など。 葉は根出葉のみでロゼット状に環を広げる。

    高地に自生するため高温多湿が苦手。

    庭に植生されていた。

    多年草。

    色違いなど

ジギタリス属 Digitalis

  • ジギタリス

    ジギタリス

    学名: Digitalis purpurea L.
    分類: オオバコ科 ジギタリス属
    原産: ヨーロッパ
    花期: 初夏

    釣鐘状の花が茎の周囲に咲く。 花色は白色、ピンク、紫色など。 葉は卵形で大きめ。草丈は1mほど。 花弁の内側に茶色い斑点がある。

    色違いなど

ジャコウソウモドキ連 Cheloneae

ゴマノハグサ科 Scrophulariaceaeから異動した。

イワブクロ属 Penstemon

北アメリカや東アジアを中心に250種ある。

  • ペンステモン

    ペンステモン

    学名: Penstemon digitalis 'Husker Red'
    分類: オオバコ科 イワブクロ属
    原産: 北アメリカ東部 カナダ 合衆国
    花期: 夏

    漏斗状の花が総状花序で咲く。花弁の先が唇状になっている。 葉は10~20cmほどの楕円形。花茎は30~80cmほど。

  • ペンステモン・ジングルベル

    ペンステモン・ジングルベル

    学名: Penstemon barbatus 'Jingle Bells'
    分類: オオバコ科 イワブクロ属
    原産: 合衆国西部
    花期: 夏

    短い漏斗状の赤い花が咲く。漏斗の先は唇状になっている。 花は茎と葉の付け根(葉腋)から短い花柄を伸ばして数個咲く。 葉は針形で向かい合ってつく(対生)。

    本種は園芸種。

  • ペンステモン・エレクトリックブルー

    ペンステモン・エレクトリックブルー

    学名: Penstemon heterophyllus 'Electric Blue'
    分類: オオバコ科 イワブクロ属
    原産: 合衆国カリフォルニア州
    花期: 春

    短い漏斗状の花が咲く。花色は青色。 花は茎と葉の付け根(葉腋)から短い花柄を伸ばして数個咲く。 葉は針形で向かい合ってつく(対生)。

    本種は園芸種。

ケロネ属 Chelone

  • ケロネ

    ケロネ

    学名: Chelone lyonii Pursh
    分類: オオバコ科 ケロネ属
    原産: 北アメリカ
    花期: 晩夏

    茎頂や茎と葉の付け根(葉腋)に数個の花が咲く。 花はほんの少ししか開かない。おちょぼ口のよう。 葉は卵形または被針形で、鋸歯、向かい合ってつく(対生)。 草丈は60~120cmほど。

    和名はジャコウソウモドキ。ケロネは属名で、小種名のlyoniiからリオンやスピードリオンとも呼ばれる。

    多年草。


アンゲロニア属 Angelonia

ゴマノハグサ科 Scrophulariaceaeから異動した。

  • アンゲロニア

    アンゲロニア

    学名: Angelonia angustifolia Benth.
    分類: オオバコ科 アンゲロニア属
    原産: 中央アメリカ
    花期: 夏

    花茎を伸ばし、葉腋から花柄を伸ばして花が咲く。花は浅い筒状花が5裂する花が咲く。下向きの1枚が唇状にみえる。 草丈は原種は1mほどになるが、販売されているものは40~50cmほど。

    A. salicariifoliaとの交配による園芸種が流通している。

    色違いなど

オオバコ属 Plantago

  • オオバコ

    オオバコ

    学名: Plantago asiatica L.
    分類: オオバコ科 オオバコ属
    原産: 東アジア 日本 中国 朝鮮半島
    花期: 夏

    短い茎を伸ばして穂状の花が咲く。葉はへら形で、ハッキリと筋があり、ロゼット状に広がる。

    道の端や空き地などに自生する。

  • ヘラオオバコ

    ヘラオオバコ

    学名: Plantago lanceolata L.
    分類: オオバコ科 オオバコ属
    原産: ヨーロッパ
    花期: 初夏

    三角錐またはラグビーボールのような基部から白い雄しべが下から順に咲きあがる。花茎は長く30~50cm。葉は細長くロゼット上に広がる。

    本種は外来生物法の生態系被害防止外来種(旧称:要注意外来生物)に指定されている。
    生態系被害防止外来種リスト (環境省)

ネメシア属 Nemesia

ゴマノハグサ科 Scrophulariaceaeから異動した。

  • ネメシア

    ネメシア

    学名: Nemesia caerulea Hiern
    分類: オオバコ科 ネメシア属
    原産: 南アフリカ
    花期: 春から秋

    リナリアに似ているが、ティアラのような3つの切れ目がある花弁が特長。

    宿根ネメシアは多年草で、N. denticulataも含め園芸種です。

    色違いなど

植物の分類について

植物の分類についてはDNAなどに基づいた最新の分類:APG IV (Angiosperm Phylogeny Group IV)を使用しています。 また、学名や分類について議論が続いているものについてはBGPlants(研究用植物データベース作成グループ作成: Data-base on the plants kept in the Botanical Garden)の成果であるYListを参考にしています。