おさんぽ花図鑑

ケシ科 Papaveraceae

ケシ科は700種を含む。

エッショルチア亜科 Eschscholzioideae

ハナビシソウ属 Eschscholzia

  • ハナビシソウ

    ハナビシソウ

    学名: Eschscholzia californica Cham.
    分類: ケシ科 ハナビシソウ属
    原産: カリフォルニア州 メキシコ
    花期: 初夏

    花茎を伸ばして枝分かれして茎頂に花が咲く。花弁は4枚でお椀型。 花色はオレンジ色、白色、黄色、ピンクなど。 葉は小さく枝分かれする(羽状複葉)。 草丈は30~60cmほど。

    カリフォルニアポピーの名前で流通している。

ケシ亜科 Papaveroideae

エオメコン属 Eomecon

  • シラユキゲシ

    シラユキゲシ

    学名: Eomecon chionantha Hance
    分類: ケシ科 エオメコン属
    原産: 中国
    花期: 春から初夏

    花茎を伸ばし枝分かれして数個の4弁の白い花が咲く。 黄色い雄しべが多数ある。 葉はやや丸いフキのようなハート形で縁が波状。 根出葉で葉柄が長い。 草丈は20~30cmほど。

    スノーポピーとも呼ばれる。

    多年草で冬季は地上部が枯れる。根を広げ増えていく。

    庭などに植栽されている。自然には山地などに群生することがある。

クサノオウ属 Chelidonium

  • クサノオウ

    クサノオウ

    学名: Chelidonium majus L. ssp. asiaticum H.Hara
    分類: ケシ科 クサノオウ属
    原産: ユーラシア
    花期: 初夏

    茎先に黄色い4弁の花が数個咲く。蕾には産毛がある。 葉は切れ込みがある。 草丈は30cmほど。

    葉をちぎると黄色い葉腋がでる。 古くは民間の薬草として用いられていたが、毒性があるので薬として利用しない方がよい。

    道端に生えている。

ケシ属 Papaver

  • アイスランドポピー

    アイスランドポピー

    学名: Papaver nudicaule L.
    分類: ケシ科 ケシ属
    原産: 極地に近いヨーロッパ~アジア~北アメリカ
    花期: 初夏

    花茎を伸ばし先に花が咲く。 花弁は4枚で、雄しべが多数ある。 花色は黄色、白色、赤色など。 茎葉はなく、根出葉は羽状複葉。 草丈は30~50cmほど。

    和名はシベリカヒナゲシ。

    宿根草ですが、一般的に夏に枯れるので1年草として扱う。

    色違いなど

  • オニゲシ

    オニゲシ

    学名: Papaver orientale L.
    分類: ケシ科 ケシ属
    原産: コーカサス(黒海とカスピ海の間) トルコ北東部 イラン北部
    花期: 初夏

    花茎を伸ばし先に10~20cmほどの花が咲く。花弁は4枚。 茎葉は無く、根出葉は大きいと1mほどもあり羽状に深い切れ込みがある。 全体に長い毛が生えている。 草丈は1~1.5mほど。

    原種はオレンジ色で、園芸種に白色、ピンクなどある。

    オリエンタルポピーとも呼ばれる。

    花後に結実すると夏は休眠に入るが、暖地だと枯れてしまうことが多いので、秋播きの1年草として扱うこともある。

    多年草。

  • ナガミヒナゲシ

    ナガミヒナゲシ

    学名: Papaver dubium L.
    分類: ケシ科 ケシ属
    原産: 地中海沿岸から中欧
    花期: 春から初夏

    オレンジ色の薄い紙のような花弁が咲く。草丈は15~40cm。

    道端に生えている。

サンギナリア属 Sanguinaria

  • カナダケシ

    カナダケシ

    学名: Sanguinaria canadensis L.
    分類: ケシ科 サンギナリア属
    原産: 北米東部
    花期: 春

    茎を伸ばして葉を1枚だし、葉に包まれるように白い花が咲く。花弁は8~12枚ほど。花の大きさは5cmほど。黄色い雄しべがある。 葉は丸型で5~9個の切れ込みがある。葉はやや肉厚でやわらかく、表面が白くみえる。 草丈は10~20cmほど。

    春に花が咲き、夏には葉が枯れて休眠する。

    園芸種で八重咲もある。写真は二重咲き。

    属名からサンギナリアとも呼ばれる。

    自然には山地に自生している。山野草として販売されている。

    八重咲きなど

タケニグサ属 Macleaya

  • タケニグサ

    タケニグサ

    学名: Macleaya cordata (Willd.) R.Br.
    Syn. Bocconia cordata Willd.
    分類: ケシ科 タケニグサ属
    原産: 日本 中国
    花期: 夏

    太い茎を伸ばしよく枝分かれして花が咲く(円錐花序)。花は白く糸のようにみえる。糸にみえるのは萼で、花弁はない。 葉は大きく深い切れ込みが5つほど入っている。 葉裏には短い産毛があり白くみえる。 草丈は2mほどにもなる。

    空き地や公園などに自生している。

ツノゲシ属 Glaucium

  • ツノゲシ

    ツノゲシ

    学名: Glaucium flavum Crantz
    分類: ケシ科 ツノゲシ属
    原産: 地中海周辺
    花期: 夏

    茎を伸ばして先に花が咲く。花弁は4枚。花柱が長く先に雌しべがあって、花柱の周りに雄しべがある。 花色は黄色やオレンジ色など。 葉や茎は銀白色で、花に近い葉は茎を抱いて縁が角々している。 根出葉はロゼットを形成する。 茎の下の方の葉は長く深い切れ込みがある。 草丈は40~100cmほど。

    実には粗毛があり角状で、これがツノゲシ角芥子の名前の由来。

    葉や茎などにはアルカロイドを含み有毒。

    越年草。

    葉など

ケマンソウ亜科 Fumarioideae

ケマンソウ科 Fumariaceaeでしたが、ケシ科に移動しました。

オサバグサ属 Pteridophyllum

  • オサバグサ

    オサバグサ

    学名: Pteridophyllum racemosum Siebold et Zucc.
    分類: ケシ科 オサバグサ属
    原産: 日本固有種
    花期: 初夏

    花茎を伸ばして多数の花が咲く(総状花序)。 花弁は4枚で白色でやや厚みのある印象。 葉は根出葉で10~20cmほどで、細く、深い切れ込みがあってシダの様。 草丈は15~25cmほど。

    自然には山地の林床に自生している。山野草として販売されて庭に植栽されていることもある。

    多年草。

キケマン属 Corydalis

  • ミヤマキケマン

    ミヤマキケマン
    ミヤマキケマンの実

    学名: Corydalis pallida (Thunb.) Pers. var. tenuis Yatabe
    分類: ケシ科 キケマン属
    原産: 日本
    花期: 春

    茎先に数個の花が咲く(総状花序)。 花は細長く15~25mmほど、2枚の花弁が上下に重なっており、花先が唇状になり、花弁は黄色く、先が茶色い。 上側の花弁には後ろに長く突き出た距がある。 葉は2~3回の3出複葉で鋸歯。 花が咲き始める頃の葉は十分に開いておらずU字またはV字状に折りたたまれている。 草丈は20~50cmほど。

    初夏に莢のような実ができ数珠状にくびれる。

    自然には山地に自生しているが、山野草として販売され庭に植生されていることがある。越年草。

    近畿地方以西に分布するフウロケマンの変種。

  • エゾエンゴサク

    エゾエンゴサク

    学名: Corydalis fumariifolia Maxim. subsp. azurea Liden et Zetterlund
    Syn. Corydalis ambigua auct. non Cham. et Schltdl.
    分類: ケシ科 キケマン属
    原産: 日本 中国
    花期: 春

    茎先に数個の花が咲く(総状花序)。 花は細長く15~25mmほど、2枚の花弁が上下に重なっており、花先が唇状になる。 花色は白色、水色、青色など。 上側の花弁には後ろに長く突き出た距がある。 苞葉は切れ込みが無い。 葉は基本的には3枚複葉で、小葉は丸いが、切れ込みがあったり、細かったりと変異が大きい。 草丈は10~30cmほど。

    自然には山地に自生しているが、山野草として販売され庭に植生されていることがある。

    スプリング・エフェメラル

  • ムラサキケマン

    ムラサキケマン

    学名: Corydalis incisa (Thunb.) Pers.
    分類: ケシ科 キケマン属
    原産: 日本 中国
    花期: 春

    花茎を30~50cmほど伸ばして茎の周囲に筒状の短い紫色の花が咲く。葉はニンジンに似ている。 日陰を好む。

    家や公園の北側、日陰にいる。越年草。

    スプリング・エフェメラル

  • ヤマエンゴサク

    ヤマエンゴサク

    学名: Corydalis lineariloba Siebold et Zucc.
    分類: ケシ科 キケマン属
    原産: 日本 中国
    花期: 春

    茎先に数個の花が咲く(総状花序)。 花は細長く15~25mmほど、2枚の花弁が上下に重なっており、花先が唇状になる。 花色は白色、水色、青色など。 上側の花弁には後ろに長く突き出た距がある。 花の下にある苞葉に切れ込みがある。 葉は基本的には3枚複葉で、小葉は楕円形だが、細い葉もある。 草丈は10~30cmほど。

    自然には山地に自生しているが、山野草として販売され庭に植生されていることがある。

    スプリング・エフェメラル

ケマンソウ属 Lamprocapnos

コマクサ属 Dicentraでしたが独立しました。

  • ケマンソウ

    ケマンソウ

    学名: Lamprocapnos spectabilis (L.) Fukuhara
    Syn. Dicentra spectabilis (L.) Lem.
    分類: ケシ科 ケマンソウ属
    原産: シベリア 中国北部 朝鮮半島 日本
    花期: 初夏

    外側の花弁はピンクで内側の花弁は白色の花が咲く。花が閉じた姿はハート形。総状花序で花茎に10~15の花がつく。その姿からタイツリソウとも呼ばれる。 葉には深い切れ込みがある。草丈は30~60cmほど。秋に地上部が枯れて休眠する。

コマクサ属 Dicentra

  • ハナケマンソウ

    ハナケマンソウ

    学名: Dicentra formosa (Haw.) Walp.
    分類: ケシ科 コマクサ属
    原産: 北アメリカ 太平洋岸
    花期: 初夏

    花茎を30~50cmほど伸ばし茎先がたわみ、下から順に花が咲く(総状花序)。 花弁は4枚あるがぴったりと重なり錨状になる。 花色は赤紫色、ピンク、白色など。 葉は根出葉で2回3出複葉で、羽状に裂ける。

    アメリカコマクサとも呼ばれる。

    色違いなど

植物の分類について

植物の分類についてはDNAなどに基づいた最新の分類:APG IV (Angiosperm Phylogeny Group IV)を使用しています。 また、学名や分類について議論が続いているものについてはBGPlants(研究用植物データベース作成グループ作成: Data-base on the plants kept in the Botanical Garden)の成果であるYListを参考にしています。