おさんぽ花図鑑

ムラサキ科 Boraginaceae

ムラサキ科は2,000種を含む。

ウシノシタグサ属 Anchusa

アンクサ属とも呼ばれる。

  • アンチューサ

    アンチューサ

    学名: Anchusa leptophylla
    分類: ムラサキ科 ウシノシタグサ属
    原産: トルコ
    花期: 初夏

    花茎を伸ばし、茎頂及び葉柄の基部に数個の花が咲く。花弁は5弁で、中心に丸い環がある。 草丈は30cmほど。 基本種は青色で、本種は変異種。

    パラホワイトの名前で流通している。

  • アンチューサ・ドロップモア

    アンチューサ・ドロップモア

    学名: Anchusa azurea 'Dropmore'
    分類: ムラサキ科 ウシノシタグサ属
    原産: 地中海周辺 ヨーロッパ 西アジア アフリカ北部
    花期: 夏

    青い5弁の花が多数咲く。花の中央が白い。 葉は被針形で10~15cmほどで、互い違いにつく(互生)。 茎と葉の付け根(葉腋)から花茎を伸ばし先にに数個の花が咲く。 草丈は1~1.5mほどにもなる。

キュウリグサ属 Trigonotis

  • キュウリグサ

    キュウリグサ

    学名: Trigonotis peduncularis (Trevir.) Benth. ex Hemsl.
    分類: ムラサキ科 キュウリグサ属
    原産: 日本 中国
    花期: 春から初夏

    道端で5~15cmほど花茎を伸ばし、枝分かれした先に5mmほどの小さな5弁の青い花が数個咲く。花の中心が黄色い。

    空き地や道端で咲く。

    ノハラムラサキとの違い

ネモフィラ属 Nemophilla

以前はハゼリンソウ科 Hydrophyllaceaeでしたが変わりました。

  • ネモフィラ

    ネモフィラ

    学名: Nemophila menziesii Hook. & Arn.
    分類: ムラサキ科 ネモフィラ属
    原産: 北アメリカ西部
    花期: 春から初夏

    葉には深い切れ込みがある。花茎を10~15cm伸ばして5弁の青い花が咲く。花弁の基部近くは白い。

    這うように横に広がる。

    色違いなど

ハナイバナ属 Bothriospermum

  • ハナイバナ

    ハナイバナ

    学名: Bothriospermum zeylanicum (J.Jacq.) Druce
    分類: ムラサキ科 ハナイバナ属
    原産: 日本 東南アジア
    花期: 春から初冬

    茎先に花が咲くようにみえるが実際には葉と葉の間に花が咲く。 花は2mmほどで5弁、中央に白い鱗片が環状にある。 葉は卵形で互い違いにつく。 茎にも葉にも上向きの毛がつく。 草丈は5~20cmほどで、長くなると脇芽が伸びる。

    空き地や道端で咲く。

    1~2年草。花期が長いのは、春先にできた実が成長して秋には花を咲かせるため。

    花拡大など

ヒレハリソウ属 Symphytum

  • ヒレハリソウ

    ヒレハリソウ

    学名: Symphytum officinale L.
    分類: ムラサキ科 ヒレハリソウ属
    原産: ヨーロッパ
    花期: 初夏

    10mmほどの小さな淡紫色の花が数個咲く。花は釣鐘状で浅く5裂していて下向きに咲く。 枝分かれした先に総状花序で咲く。 葉にも茎にも粗毛がある。 葉は20~30cmもあり、地上に近いほど大きい。 対生し、葉柄はなくて茎と葉の一部が合着したようになっている。

    多年草で、1mほどになる。

    英名のコンフリーとも呼ばれる。

    全体写真など

プルモナリア属 Pulmonaria

  • プルモナリア

    プルモナリア

    学名: Pulmonaria longifolia 'Lewis Palmer'
    分類: ムラサキ科 プルモナリア属
    原産: ヨーロッパ
    花期: 春

    茎先に漏斗状の花が咲く。花弁の縁は浅く5裂している。 蕾の時や咲き始めはピンクで、徐々に青色に変わる。 また花色には白色や紫色などもある。 茎葉は卵形で先が尖り、白い斑点のあるものと無いものがある。 茎葉は互い違いにつく(互生)。 草丈は30~40cmほど。

    半日陰を好む。

    常緑多年草。

    多くの園芸種がある。

    色違いなど

ブルンネラ属 Brunnera

  • ブルンネラ・マクロフィラ

    ブルンネラ

    学名: Brunnera macrophylla 'Hadspen Cream'
    分類: ムラサキ科 ブルンネラ属
    原産: コーカサス地方 (ロシア アルメニア グルジア)
    花期: 春

    小さな3~4mmほどの花が数個咲く(総状花序)。花は茎先や、茎と葉の付け根(葉腋)から細い花茎を伸ばしてその先に咲く。 花弁は4枚で青色、中央が白色。 葉は被針形で、交互につく(互生)。草丈は30~40cmほど。

    庭などに植生されている。

    多くの園芸種があり、本種はハドスペン・クリームと呼ばれる。

ルリジサ属 Borago

  • ルリジサ

    ルリジサ

    学名: Borago officinalis L.
    分類: ムラサキ科 ルリジサ属
    原産: 地中海周辺
    花期: 春から夏

    青い5弁の花が咲く。花弁の基部は白く、黒い雌しべが長い。 花は茎先や茎と葉の付け根(葉腋)から花柄を伸ばしてその先に数個の花が咲く。 葉は卵形で葉柄があり互い違いにつく(互生)。 茎や葉、蕾などに産毛が密生する。 草丈は50~60cmほど。

    ボリジとも呼ばれる。ボリジはBorageと記述する。

    庭に植生されていた。欧州などではハーブとしてサラダなどで食べられる。

    一年草。秋蒔きすると4月~6月に開花し、春蒔きすると6月~8月に開花する。

リソドラ属 Lithodora

  • ミヤマホタルカズラ

    ミヤマホタルカズラ

    学名: Lithodora diffusa (Lag.) D.C.Thomas
    Syn. Lithospermum diffusa
    分類: ムラサキ科 リソドラ属
    原産: 南ヨーロッパ
    花期: 春から初夏

    瑠璃色の星形5弁の小さな花が咲く。葉は肉厚で長さは2~3cmで幅は狭い。葉には短い産毛がある。草丈は15cmほどで横に広がる。

    ホタルカズラの名前で流通している。

    常緑低木。

ワスレナグサ属 Myosotis

ワスレナグサ属全般をワスレナグサと総称して流通している。

  • ノハラムラサキ

    ノハラムラサキ

    学名: Myosotis arvensis (L.) Hill
    分類: ムラサキ科 ワスレナグサ属
    原産: ヨーロッパ
    花期: 春から初夏

    花茎を伸ばして先に数個の小さな4~5mmほどの青い花が咲く。花は茎頂や、茎と葉の付け根(葉腋)から花柄を伸ばしてその先に穂状に咲く。 花弁の基部が黄色く白い筋が2~3本ある。 葉は被針形で、互い違いにつく(互生)。草丈は20~50cm。

    キュウリグサとの違い

  • ワスレナグサ

    ワスレナグサ

    学名: Myosotis
    分類: ムラサキ科 ワスレナグサ属
    原産: 日本 東南アジア
    花期: 春から初夏

    花茎を伸ばして先に数個の小さな8~10mmほどの青い花が咲く。花弁の基部近くが黄色いのがある。葉は被針形。草丈は20~50cm。

    一般に流通している種は、ノハラムラサキやエゾムラサキなどを交配した園芸種。

    色違いなど

植物の分類について

植物の分類についてはDNAなどに基づいた最新の分類:APG IV (Angiosperm Phylogeny Group IV)を使用しています。 また、学名や分類について議論が続いているものについてはBGPlants(研究用植物データベース作成グループ作成: Data-base on the plants kept in the Botanical Garden)の成果であるYListを参考にしています。