おさんぽ花図鑑

レンプクソウ科 Adoxaceae

レンプクソウ科は150~200種を含む。

ガマズミ属 Viburnum

スイカズラ科 Caprifoliaceaeから異動した。

  • オオカメノキ

    オオカメノキ

    学名: Viburnum furcatum Blume ex Maxim.
    分類: レンプクソウ科 ガマズミ属
    原産: 日本
    花期: 春から初夏

    ガクアジサイのような花が枝先に咲く。 中央の小さな花は両性花で、5弁の大きな白い花は装飾花。 葉は卵形で、向かいあって付き(対生)、ハッキリとした葉脈がある。 秋に赤い実がなる。

    落葉低木。樹高は2~4mほど。

  • オオデマリ

    オオデマリ

    学名: Viburnum plicatum var. plicatum
    分類: レンプクソウ科 ガマズミ属
    原産: 日本
    花期: 初夏

    落葉低木。アジサイのような丸い野球のボールほどの花が咲く。

    ヤブデマリ(V. plicatum var. tomentosum)の園芸種。

    属名のビバーナムの名前で流通することがある。

  • ガマズミ

    ガマズミ
    ガマズミの実

    学名: Viburnum dilatatum Thunb.
    分類: レンプクソウ科 ガマズミ属
    原産: 日本
    花期: 初夏

    枝先に円錐花序の花が咲く。花は白くて小さい。葉は互生し、表面にははっきりと葉脈がつく。

    落葉低木。樹高は2~3mほど。

  • カンボク

    カンボク
    カンボクの実

    学名: Viburnum opulus L. var. calvescens (Rehd.) Hara
    分類: レンプクソウ科 ガマズミ属
    原産: 地中海周辺
    花期: 初夏

    茎頂に白い花が咲く。中央に白い小さな両性花が多数咲き、周辺に装飾花がつく。 葉には2~3つの深い切れ込みがあって指のようにみえる。 晩夏に小さな赤い実が多数なる。

    落葉小高木。樹高は5~7mほど。

  • サンゴジュ

    サンゴジュ
    サンゴジュの実

    学名: Viburnum odoratissimum Ker Gawl. var. awabuki (K.Koch) Zabel
    分類: レンプクソウ科 ガマズミ属
    原産: アジア
    花期: 夏

    枝先に円錐花序の花が咲く。花は白くて小さい。葉は楕円形で長く、対生し、革質。 秋に赤い実がたくさんなる。

    常緑低木。樹高は4mほど。葉が厚く水分を多く含むので火災の延焼防止に効果があるとされ、生垣にも利用される。 しかし残念なことに葉を好む虫(サンゴジュハムシ)がいて葉が穴だらけになっているのをよくみかける。

  • チョウジガマズミ

    チョウジガマズミ

    学名: Viburnum carlesii Hemsl. var. bitchiuense (Makino) Nakai
    分類: レンプクソウ科 ガマズミ属
    原産: 朝鮮半島 日本
    花期: 春

    枝先に円錐花序の花が咲く。花は細い漏斗状で、先が5裂する。芳香がある。 花期には葉が無いかまたは芽吹き始め。

    落葉低木。樹高は1~3mほど。

  • テマリカンボク

    テマリカンボク

    学名: Viburnum opulus var. calvescens f. sterile
    分類: レンプクソウ科 ガマズミ属
    原産: 地中海周辺
    花期: 初夏

    茎頂に丸く装飾花が咲く。 葉には2~3つの深い切れ込みがあって指のようにみえる。 カンボクはガクアジサイのような花が咲くが、テマリカンボクはすべてが装飾花という品種。

    落葉小高木。

  • トキワガマズミ

    トキワガマズミ
    トキワガマズミの実

    学名: Viburnum tinus L.
    分類: レンプクソウ科 ガマズミ属
    原産: 地中海周辺
    花期: 春

    茎頂に円錐花序の小さい5弁の白い花が咲く。葉は革質で楕円形。 秋にコバルトブルーの実がなる。

    常緑低木。樹高は2~3m。

    属名のビバーナムの名前で流通することがある。

  • ヤブデマリ

    ヤブデマリ

    学名: Viburnum plicatum Thunb. var. tomentosum Miq.
    分類: レンプクソウ科 ガマズミ属
    原産: 中国 朝鮮半島 台湾 日本
    花期: 初夏

    白いアジサイに似た花が咲く。 花は中央が小さな両性花で、周囲に5弁の装飾花がつく。この5弁の内2枚はやや小さい。 葉は長楕円形で、葉脈があり、向き合って付く(対生)。

    落葉低木。樹高は2~5mほど。

ニワトコ属 Sambucus

スイカズラ科 Caprifoliaceaeから異動した。

  • ニワトコ

    ニワトコ
    ニワトコの実

    学名: Sambucus racemosa L. subsp. sieboldiana (Miq.) H.Hara
    分類: レンプクソウ科 ニワトコ属
    原産: 中国 韓国 日本
    花期: 初夏

    白や淡い黄色の小さな花がたくさん集まって咲く(円錐花序)。 花は緑色の本年枝の先に咲く。花は5裂し、雄しべは5本、雌しべは赤くなる。 葉は奇数羽状複葉で、小葉は長楕円形。

    夏には赤い実がなる。

    山野の林縁に自生するが、市街地でも庭や道の脇などに生えていたりする。

    落葉低木。樹高は6mほど。

植物の分類について

植物の分類についてはDNAなどに基づいた最新の分類:APG IV (Angiosperm Phylogeny Group IV)を使用しています。 また、学名や分類について議論が続いているものについてはBGPlants(研究用植物データベース作成グループ作成: Data-base on the plants kept in the Botanical Garden)の成果であるYListを参考にしています。